JP EN

NEWS & EVENTS

【御礼】「経済産業省フロンティア人材研究会の提言内容および提言実践体制に関わるシンポジウム 」を開催致しました。

2014年1月07日

2013年11月20日に経済産業省の後援のもと「フロンティア人材研究会の提言内容と実践体制」につき、皆様へお伝えすることが出来ました。

遅ればせながら、ここに皆様のご協力への御礼とご報告をさせて頂きます。

当日は、企業の経営者、新規事業部門の責任者の方、大学関係者、NPO法人の方々など総勢170名を超える皆様にご参加いただき、ネットワーキングレセプションにおいても、活発な意見交換が行われました。

レセプションやアンケートでは、貴重なご意見をたくさん頂戴し、改めて厚くお礼を申しあげます。また、多くの方々から、Japan Innovation Network(JIN)の趣旨にご賛同頂くご意見を頂けたことに、改めて御礼申し上げます。

当日は、以下の7名の登壇者よりお話をさせて頂きました。

 

西山審議官には、産業構造のオープン化・脱ピラミッド化(「産業構造組み替え」)について、社会的事象を語って頂いた上で「オープンイノベーションとは何か」について、ペニンシュラ東京の橋本夕紀夫デザイナーを代表例として、ご説明頂きました。

 

西口からは、弊法人の出自である経産省の研究会で得られたアウトプットに始まり、弊法人の設立趣旨・活動目的までをご紹介いたしました。
JINは、もともと経産省主催の「フロンティア人材研究会」から生まれた組織ですが、その研究会の活動で行った、イノベーション先進企業であるGEのCEOの語りを引用しながら、お越し下さった大企業のマネジメントの方、イノベーションに関わる方に、本ウェブサイトにも掲載されているJINのコンセプトを届けさせて頂きました。

 

スウェーデンから来日されたレイフ氏は、Intellectual Capital(知的資本)のコンセプトの提唱者であり、Future Centerの父と呼ばれている方です。
BMW社を始めとした海外でのイノベーション事例や、イノベーションネットワークについてお話頂きました。
冒頭では、太陽が海の地平線にかかっている写真を示して、会場に「Sunrise or Sunset?」という問いを投げかけられ、会場の大多数は「Sunrise」に挙手される中、レイフ氏は「どちらでもない。なぜなら、太陽の周りを地球が回っていて、太陽は昇りも沈みもしない」と答えられ「イノベーションは普段とは異なるモノの見方をすることから始まる」というメッセージを伝えて頂きました。

 

パネルディスカッションでは、パネリスト各々の立場から、イノベーションに関するご意見を伺いました。
安藤さんは、ソニー社長をお務めの際の新規事業立ち上げのお話、表さんは、日東電工様でのR&Dでの取組み、ICMG船橋さんは、知的資本をコンセプトに企業をコンサルティングしてきた立場から見た企業の悩みの変化、紺野さんは、ご自身の専門分野である目的工学のお話を中心に語って頂きました。

ソニー生命株式会社名誉会長 安藤国威氏

ソニー生命株式会社名誉会長 安藤国威氏

日東電工株式会社取締役常務執行役員 表利彦氏

日東電工株式会社 取締役常務執行役員 表利彦氏

株式会社ICMG代表取締役 船橋仁氏

株式会社ICMG 代表取締役 船橋仁氏

社団法人Japan Innovation Network代表理事 紺野登氏

弊法人 代表理事 紺野登氏