JP EN

アドバイザリーボード

  BACK
西山 圭太
元・経済産業省 大臣官房審議官 (経済産業政策局担当)
西山 圭太
元・経済産業省 大臣官房審議官 (経済産業政策局担当)
伊佐山 元
WiL 共同創業者CEO
伊佐山 元
WiL 共同創業者CEO
1973年2月、東京生まれ。97年東京大学法学部卒業後、日本興業銀行に入行。2001年よりスタンフォード大学ビジネススクールに留学し卒業。2003年より、米シリコンバレーの大手ベンチャーキャピタルDCM本社パートナーとして、インターネットメディア、モバイル、コンスーマーサービス分野への投資を担当。シリコンバレーと日本を中心に、ベンチャー企業の発掘と育成を手がける。2013年夏にWiL(World Innovation Lab)創業。日本のベンチャー起業家と大企業をシリコンバレーと結びつけることで、新しいイノベーションのあり方やベンチャー育成の仕組みを提供する活動を展開。日本が起業大国になることを夢見ている。日本にベンチャー精神を普及させるため、日経電子版テクノロジー欄で、『シリコンバレーの風』、東洋経済オンラインでは、『黒船起業家がセカイを変える』を連載中。日経産業新聞でも月次で『新風シリコンバレー』を執筆中。
濱口 秀司
Ziba戦略ディレクター
濱口 秀司
Ziba戦略ディレクター
京都大学卒業後、松下電工(現パナソニック)に入社。研究開発・商品企画に従事した後、全社戦略投資案件の意思決定分析担当となる。1999年、日本初の企業内イントラネットを高須賀宣(サイボウズ創業者)とともに考案・構築。以来、世界初のUSBフラッシュメモリ(1999年)など多くのイノベーションを考案し、IDEA金賞など数々の受賞。その後、松下電工の新事業企画部長、パナソニック電工米国研究所の上席副社長、米国ソフトウエアベンチャーのCOO歴任。2009年よりZibaの戦略ディレクター。ドイツRedDotデザイン賞審査員。コンセプト立案、戦略構築について独自の理論と方法論を持ち、現在も数多くのクライアントの重要プロジェクトに関わっている。
PROF. PHILIP KOTLER
ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院国際マーケティング S.C.ジョンソン特別教授
PROF. PHILIP KOTLER
ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院国際マーケティング S.C.ジョンソン特別教授
彼の主著『マーケティング・マネジメント』は14版(邦訳は12版まで)を数え、世界中のビジネス・スクールの標準的テキストになっている。近年の主著に『マーケティング3.0』(朝日新聞出版)や『コトラーのマーケティング・コンセプト』(東洋経済新報社)などがある。過去40年間にわたってマーケティング学界の世界的権威であり、「ファイナンシャル・タイムズ」が選ぶもっとも影響力のある経営学の師(グル)として第4位にランク付けされている。ウォール・ストリート・ジャーナルは、世界でもっとも影響力のある経営学者の第6位に選出している。

シカゴ大学で経済学の修士号を、マサチューセッツ工科大学で経済学の博士号を取得。博士号取得後は、ハーバード大学の数学、シカゴ大学の行動科学の研究に従事。IBM、GE、AT&T、ハネウェル、バンクオブアメリカ、メルクやその他の企業に対して、マーケティング戦略、プランニング、マーケティング組織、国際マーケティングの分野でコンサルティングを展開。欧州、アジア、南米において、多数の企業に対してコンサルティング・講演を行い。経済やマーケティングの原則に基づき、競争力強化を支援。また、各国政府に対して、国内のグローバル企業の資源や能力の活用におけるコンサルティングに従事。

主な著書:
・「マーケティング原理 第9版 基礎理論から実践戦略まで」(ダイヤモンド社、2003)
「非営利組織のマーケティング戦略―自治体・大学・病院・公共機関のための新しい変化対応パラダイム―」(第一法規出版、1982)
・「ニューコンペティション―日米マーケティング戦略比較」(東急エージェンシー出版事業部、1991)
・「ソーシャル・マーケティング 貧困に克つ7つの視点と10の戦略的取組み」(丸善、2010)
・「コトラーのホスピタリティ&ツーリズム・マーケティング」(ピアソン・エデュケーション、2003)
・「コトラーのマーケティング3.0 ソーシャル・メディア時代の新法則」(朝日新聞出版、2010)
・「コトラーのイノベーション・マーケティング」(翔泳社、2011)
・「コトラー8つの成長戦略 低成長時代に勝ち残る戦略的マーケティング」(碩学舎、2013年)

受賞歴:
・1985年 アメリカンマーケティング協会より、”Distinguished Marketing Educator Award”を受賞。また、マーケティングコンサルタント&セールストレイナーズより、”Marketing Excellence”に表彰
・1975年 アメリカマーケティング協会より、”Leader in Marketing Thought”に選出
・1978年 マーケティング分野の発展への貢献が評価され、”Paul Converse Award”に表彰
・1989年 the Annual Charles Coolidge Parlin Marketing Research Awardを受賞
・1995年 the Annual Charles Coolidge Parlin Marketing Research Awardより、”Marketer of the Year”に表彰
・2002年 Academy of Marketing Scienceより、”Marketing Educator of the Year”に表彰
DR. ROBERT EBERHART
サンタクララ大学経営学部准教授
DR. ROBERT EBERHART
サンタクララ大学経営学部准教授
スタンフォード大学リサーチフェロー兼務

米国ミシガン大学経営学修士号取得後、米国スタンフォード大学大学院にて博士号を取得。アメリカ経済学会、新制度派経済学国際学会the International Society for New Institutional Economic、そしてINFORMSに所属し、日本企業形態、革新、そしてコーポレート・ガバナンスについて執筆している。スタンフォード大学においての日本関連の学術会議、Stanford Program on Regions of Innocation and Entrepreneurship、米国アジアテクノロジーマネジメントセンター、アジアパシフィック学生エントレプレナーシップソサエティ、起業家機構、在日米国商工会議所など、スタンフォードのみならず日本の様々なプログラムにて講義を行っている。現在、STAJEプログラムを率いている。主な研究分野は、日米のコーポレート・ガバナンスに関する比較研究、企業理論、日本の企業家精神。
PROF. LEIF EDVINSSON
パリクラブ共同創設者
PROF. LEIF EDVINSSON
パリクラブ共同創設者
カロリンス研究所分子医学センター理事兼務

米国カリフォルニア大学バークレー校にてMBA取得。知的資本の世界的なリーダーであり専門家はスウェーデン脳神経疾患研究所、カロリンス研究所分子医学センター(スウェーデン、ストックホルム)をはじめ、数カ所の知識集約型機関において理事を務める。2000年には、英国のヘンリーKMフォーラムで名誉議長に就任。スウェーデンのSkandia社の初代知的資本担当取締役(Corporate Director of Intellectual Capital)として、知的資本経営の理論を構築し、同社の知的資本をベースにした企業成長に大きく貢献。その他、S-Eバンクの研修・開発担当上級副社長、さらに、ストックホルムに本社を置くコンサルティング企業、コンサルタスABの社長兼会長を歴任している。現在は、欧州委員会の高度専門家の1人として2005年度版知的資本報告書の監修にも携わり、新しいパリクラブの中核創立メンバーでもある。

主な著書:
・インテレクチュアル・キャピタル(知的資本)―企業の知力を測るナレッジ・マネジメントの新財務指標」(日本能率協会マネジメントセンター、1999)
他 知的資本に関する著書多数
PROF.LYNDA GRATTON
ロンドン・ビジネススクール 教授
PROF.LYNDA GRATTON
ロンドン・ビジネススクール 教授
人材論、組織論の世界的権威。経営学界のアカデミー賞とも称されるThinkers50ランキングのトップ12に選ばれている(2011年)。フィナシャルタイムズ紙では「今後10年で未来に最もインパクトを与えるビジネス理論家」と賞され、英エコノミスト誌が選ぶ「仕事の未来を予測する識者トップ200人」の一人。組織のイノベーションを促進するHot Spots Movementの創始者であり、仕事の未来を考えるグローバル企業のコミュニティ、Future of Workコンソーシアムを率いる。シンガポール政府のヒューマンキャピタル・アドバイザリーボードメンバー。

主な著書:
・「ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉」(プレジデント社、2012年)
・「未来企業 レジリエンスの経営とリーダーシップ」(プレジデント社、2014年)
DR.JAMES A. OGILVY
米国GBN(Global Businee Network)共同創業者
DR.JAMES A. OGILVY
米国GBN(Global Businee Network)共同創業者
米国モニター・デロイトグループ・パートナー兼務

元SRIインターナショナルの「価値とライフスタイル(VALS)」研究責任者であり、元エール大学及びウィリアムズ・カレッジ哲学科教授。GBNは、1987年に設立された「シナリオ・プランニング・サービス」の世界における原点かつ中心的存在であり、各界に多様なネットワークメンバーを擁している。

主な著書:

・「パラダイム・シフト―価値とライフスタイルの変動期を捉えるVALS類型論」(ティビーエス・ブリタニカ、1987)
・”Living Without a Goal”(Doubleday Business 、1995)
・”China’s Futures : Scenarios for the World’s Fastest Growing Economy, Ecology, and Society”(共著Peter Scwarts、Joe Flower:Jossey-Bass、2008)

参照:
・オグルビーJ/紺野登/野中郁次郎『シナリオ・プランニングのベーシックス「Think!」収載(東洋経済新報社、2005 SPR NO.13)
DR. MARTHA G. RUSSELL
スタンフォード大学mediaX エグゼクティブディレクター
DR. MARTHA G. RUSSELL
スタンフォード大学mediaX エグゼクティブディレクター
ヒューマンサイエンス&テクノロジー先行研究(H*STAR) シニア研究員 兼務

人と人、ブランド、組織、イノベーションにおける関係性システムについて研究。
データのビジュアリゼーションを活用しながら、グリーンテクノロジーにおけるイノベーションエコシステムの進化を探究。

国家機関、技術系企業に対するICT技術リーダーシップにおける共同研究イニシアチブの立ち上げに貢献。マイクロエレクトロニクス、情報科学、製造科学における官民連携の第一人者として活躍。ミネソタ大学・テキサス大学・スタンフォード大学間の学際的なリサーチプログラムを主導。プランニング・評価システムの開発、国際的・地域的双方にて地域開発における技術革新のコンサルティングを展開。

サンタバーバラのカリフォルニア大学にて学士号、技術移転にフォーカスした政策分析において、ミネソタ大学にて博士号を取得。Journal of Technology Forecasting、Social Change、他スタートアップ企業等のアドバイザリーボードを務める。
DR. ROBERT WOLCOTT
ケロッグイノベーションネットワーク(KIN)エグゼクティブディレクター
DR. ROBERT WOLCOTT
ケロッグイノベーションネットワーク(KIN)エグゼクティブディレクター
ケロッグイノベーションネットワーク(KIN)共同創設者
米国ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院アントレプレナーシップ&イノベーション教官

エバンストン、マイアミ、香港において、企業革新とアントレプレナーシップを指導。世界中で講演を重ね、政府のアドバイザーを務めると共に、戦略コンサルタントを行うベンチャー企業、クラレオ・パートナーズ社の共同創設者でもある。慶応大学ビジネススクールにおいて招聘教授、ノルディックイノベーションセンター、ノルディック会議、ノルウェー、クラフトフーズのグローバル技術会議、GEイノベーションアクセラレーターのアドバイザリーボートを務める。

参照:
・ケロッグイノベーションネットワーク(KIN):www.kinglobal.org
PROF. YVES PIGNEUR
ローザンヌ大学 教授
PROF. YVES PIGNEUR
ローザンヌ大学 教授
1984年 ローザンヌ大学教授に就任。ジョージア州立大学、ブリティッシュコロンビア大学、シンガポール国立大学、HECモントリオールにて客員教授を務める。ベルギー ナミュール大学にて博士号取得。学術誌 Systèmes d’Information & Managementの元編集長。
アレクサンダー・オスターワルダーと共に ビジネスモデル・キャンバスを考案し、2010年 'ビジネスモデル・ジェネレーション' を出版し世界的ベストセラーとなる(35言語に翻訳)。近年の共著は ’バリュー・プロポジション・デザイン’。
2015年10月、イヴとアレクサンダーは、Thinkers50により、世界で最も影響力のあるBusiness Thinker ランキング15位に選出される。またロンドンのThinkers50のイベントにて、Strategy Award を受賞。