Newsニュース

JINイノベーション便り

西口尚宏のイノベーション日記#7「国連総会を経て」

先週は、国連総会でごった返しているニューヨークに滞在していました。現地では登壇や会議が続き大変忙しい時間を過ごしましたが、いくつか思うところがありましたので、皆様に共有したいと思います。(前回は5月の配信でしたので、大変ご無沙汰してしまいました。)

国連ですから、SDGsが当然話題になりますが、明らかに潮目が変わったと感じました。いわゆる17ゴールレベルでの一般論ではなく、具体的な達成目標をもとに議論が加速している印象です。これは従前より、JINがUNDPと共同運営しているSHIPを通して問題提起してきたことですが、いよいよキャッチフレーズとしてのSDGsの時代は終わりに近づいていると感じました。“成果志向のSDGs時代”の始まりです。SHIPではそのようなプロジェクトも既に複数始まっていますので、この流れを加速していきたいと改めて強く感じました。

今回は特に、ブロックチェーンをテーマにしたパネルディスカッション、IoT、5Gを取り扱ったセッション、あるいはSDGsを達成するためのファイナンスの議論について登壇したり、議論に参加したりしてきました。これらすべてのテーマで、何を成し遂げるのか、という具体的な会話が始まっています。SDGsが採択されて3年が経ち、その進捗状況にも焦点が当たっています。SDGsは、極めて具体的なゴールなので、達成の可否が議論の対象になっているのです。

また、SDGsの達成において各国共に女性リーダーが活躍し、議論を牽引していました。議論の内容が格段に具体的になってきていると同時に、性別に関係なくリーダーの役割が重要であることを改めて確認することが出来ました。

そんな中でこの度、イノベーション経営に関わる本『イノベーターになる:人と組織を「革新者」にする方法』を日本経済新聞出版社より出版(10月18日)します。JINを創業して丸5年が過ぎ、この間にイノベーション加速支援の実践を通して考えてきたことを、JINの代表理事の紺野先生と私で書き下ろしたものです。5年間の活動に基づく「提言」の形をとっています。特に、イノベーションに関わる典型的な5つの誤解を解くところから書き始めており、どうすればいいのかという具体論に踏み込んでいます。経営者、ミドル、若手、全ての層の方々に役立つ内容になっていますので、ご興味のある方はこちらでご予約頂ければ幸いです。(定価1,600円+税)(厚かましくてごめんなさい・・・)

なお、最近、すさまじい勢いでイノベーション経営改革を進めている沖電気工業さんのインタビュー記事が出ました。こちらも、イノベーションを軸にした経営改革を進める上でのヒントがちりばめられていますので、是非ご参照ください。

*************************************************************************************************
「西口尚宏のイノベーション日記」について;
「大企業からイノベーションは興らない」という定説を覆す活動に2009年に身を投じてから早や8年が経ちましたが、日々発見の連続です。おかげさまで、複数の加速支援先で具体的な成果が出始めたところですが、ご縁を頂きましたお一人おひとりに定期的に近況をお伝えする「西口尚宏のイノベーション日記」を2017年4月からお送りしています。JINは私が全力投球している活動ですので、どうしてもJINでのイノベーション活動の話題が中心になりますが、一般社団法人日本防災プラットフォームの代表理事としての活動もイノベーション視点で行っておりますので、国際防災の話題に触れることもあると思います。西口からの私信という形を取らせて頂きますので、気軽にご高覧賜れば幸いです。
*************************************************************************************************